産経ニュース

古川薫さんが死去 山口・下関の直木賞作家

ライフ ライフ

記事詳細

更新


古川薫さんが死去 山口・下関の直木賞作家

 死去した古川薫さん  死去した古川薫さん

 幕末から明治時代にかけての長州藩の人物を中心にした歴史小説で知られる、直木賞作家の古川薫(ふるかわ・かおる)さんが5日正午、血管肉腫のため山口県下関市の病院で死去した。92歳。下関市出身。自宅は下関市長府羽衣町6の6。通夜は6日午後6時、葬儀・告別式は7日午前11時、下関市楠乃2の551の115、下関典礼会館で。喪主は長男、貴温(きみはる)さん。故人の希望で香典は辞退する。

 山口大を卒業し、中学教師を1年間務めた後、山口新聞社に入社。記者職の傍ら、長州藩の人々を題材とした歴史小説を執筆した。昭和45年、編集局長を最後に退社。地元を拠点に、作家活動に専念した。

 40年に「走狗」で初めて直木賞候補となり、下関市出身のオペラ歌手・藤原義江の波乱の生涯を描いた「漂泊者のアリア」で平成3年、10度目の候補となり同賞を受賞した。他の主な著書に「高杉晋作」「花も嵐も 女優・田中絹代の生涯」「幻のザビーネ」など。

「ライフ」のランキング