産経ニュース

【教育動向】2020年教育改革で何が変わる? 偏差値世代の保護者が気をつけたいこと

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
2020年教育改革で何が変わる? 偏差値世代の保護者が気をつけたいこと

 2020年の教育改革に向けて、中学受験の入試問題もまた変化を迎えようとしています。偏差値世代でもある保護者のかたに気をつけてほしいことについて、森上教育相談所がお伝えします。

震災による「ブロック化」の影響を受けた今年の大学入試

 首都圏上位層の大学受験から遡ってみると、今年の東大を受験したのは、7年前の中学受験のときに小学校5年生で東日本大震災を経験した子どもたちです。彼らは、震災の直後の4月に6年生になり、続けて勉強するという相当意志の強い子どもたちといえます。

 その東日本大震災のとき、中学受験では「ブロック化」が起こりました。通学の安全性を重視して、神奈川在住の子が東京の学校の受験を避け、東京在住の子もまた神奈川の学校を受験しなかったのです。

 具体的には神奈川では聖光学院、栄光学園、浅野という中高一貫校の存在感がぐっと出ました。東京では、開成と麻布に人気が集中し、二番手の駒場東邦や海城に人気が行き渡りませんでした。

 来年は同年代の浪人生も受験もするでしょうし、震災の影響からのブロック化、近場受験の年代はあと3年ほど続くと私は考えています。ですから、向こう3年の東大合格についても、ブロック化の時の実績だということを頭に入れておいたほうがいいでしょう。

続きを読む

「ライフ」のランキング