産経ニュース

【中国探訪】世界の不夜城マカオのいま 革命歌が流れ、人民解放軍も人気! いったい何が

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【中国探訪】
世界の不夜城マカオのいま 革命歌が流れ、人民解放軍も人気! いったい何が

マカオ中心部にそびえる大型カジノビル「グランド・リスボア」(右)と中国銀行ビル(藤本欣也撮影) マカオ中心部にそびえる大型カジノビル「グランド・リスボア」(右)と中国銀行ビル(藤本欣也撮影)

 1999年にポルトガルから中国に返還されたマカオ。かつての“アジア最後の植民地”も今や世界最大級のカジノの街に発展し、中国からの移民らが革命歌を叫ぶ。駐留する中国人民解放軍の人気も高いという。何から何まで香港とは異なる、中国もう1つの「一国二制度」の地を再訪した。

 ポルトガルによる442年に及ぶマカオ統治に終止符が打たれたのは99年12月20日午前0時。

 19日深夜から20日未明にかけて挙行されたマカオ返還式典を現地で取材した。風の強い日だった。

 寒々とした記憶しかないのは、中国で非合法化された気功集団「法輪功」メンバーらのデモが当日、マカオで強制排除されたことと無縁ではないだろう。

 “東洋のラスベガス”と呼ばれていたころ、最大のカジノがあった「ホテル・リスボア」は高層ビル群にすっかり埋没していた。その一つ、「グランド・リスボア」の1階正面には胸像が置かれている。

 60年代から約40年間、カジノ経営を独占し巨万の富を築いたスタンレー・ホー氏(96)である。この4月、一線を退くと発表した“マカオのカジノ王”だ。

 マカオの転機は2002年、ホー氏が牛耳っていたカジノ市場の自由化とともにやって来た。

□ □

 マカオにはカジノ以外にこれといった産業がなく、返還前の統計ではカジノ客など観光客の6割が香港の住民で占められていた。

続きを読む

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

このニュースの写真

  • 世界の不夜城マカオのいま 革命歌が流れ、人民解放軍も人気! いったい何が
  • 世界の不夜城マカオのいま 革命歌が流れ、人民解放軍も人気! いったい何が
  • 世界の不夜城マカオのいま 革命歌が流れ、人民解放軍も人気! いったい何が
  • 世界の不夜城マカオのいま 革命歌が流れ、人民解放軍も人気! いったい何が

「ライフ」のランキング