産経ニュース

【解答乱麻】泰明小の「アルマーニ」目くじら立てることか あえて異論を述べたい B&G財団理事長・菅原悟志

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【解答乱麻】
泰明小の「アルマーニ」目くじら立てることか あえて異論を述べたい B&G財団理事長・菅原悟志

東京・銀座の中央区立泰明小学校の入学式に向かう新1年生=4月6日午前 東京・銀座の中央区立泰明小学校の入学式に向かう新1年生=4月6日午前

 文豪の島崎藤村や首相を務めた近衛文麿が学んだ東京・銀座の真ん中に位置する中央区立泰明小学校。今春の新1年生からイタリアの高級ブランド「アルマーニ」監修の標準服導入が話題を呼んだ学校である。

 一式8万円を超える金額に、「公立学校として高すぎる」「買えない家庭はどうするのか」の苦情など800件超の意見が区教育委員会などに殺到した。国会でも取り上げられたことは記憶に新しい。あれから数カ月、あえて異論を述べたい。

 寄せられた多くの批判の中には、泰明小に子供の入学を考えていた家族は少数でしかない。騒いだ多くは学校とは縁もゆかりもない人たちだ。

 標準服は法令による規定はなく学校の判断に委ねられている。日本経済新聞によれば区内16校のうち標準服採用校は14ある。23区内での標準服の価格は6千~5万円超だそうで、そこだけを捉えれば泰明小の新標準服は高いといえる。

 だが帝国ホテルからほど近い場所に瀟洒(しょうしゃ)な校舎を構える創立140周年の伝統校。学区内は日本有数の土地代が高い地区で高所得世帯の児童が多い。

続きを読む

このニュースの写真

  • 泰明小の「アルマーニ」目くじら立てることか あえて異論を述べたい B&G財団理事長・菅原悟志

「ライフ」のランキング