産経ニュース

【100歳時代プロジェクト】ゴルフで記憶力が改善 気持ち前向き、教室普及へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【100歳時代プロジェクト】
ゴルフで記憶力が改善 気持ち前向き、教室普及へ

ゴルフに高齢者の記憶力を改善させる効果があるかどうかを確かめる研究のため、プレーする高齢者 (ウィズ・エイジングゴルフ協議会提供) ゴルフに高齢者の記憶力を改善させる効果があるかどうかを確かめる研究のため、プレーする高齢者 (ウィズ・エイジングゴルフ協議会提供)

 人生100歳時代で最も大切なのは元気に生活できる健康寿命を延ばすこと。その大きな阻害要因となっているのが認知症だ。国立長寿医療研究センター(愛知県)などが実施したゴルフによる認知症の予防効果を調べる研究で、高齢者の記憶力が改善し、体力、意欲の向上など心身に良い影響があった結果が公表された。これを受け、ゴルフ業界はゴルフを始める高齢者を増やしていきたい考えだ。(道丸摩耶)

                  

 続けられることを

 研究は平成28年10月から約半年にわたり高齢者にゴルフを体験してもらい、教室に参加する前後の認知機能検査の点数を比較する形で行われた。ゴルフをほとんどしたことがない、またはほとんどしない関東地域に住む65歳以上の男女53人が参加した。平均年齢は70・1歳。

 その結果、単語を覚える単語記憶検査では6・8%、文章の流れを記憶する論理的記憶検査では11・2%の向上がみられた。ゴルフ教室に参加せず健康に関する講座を2回受けた65歳以上の男女53人は記憶機能に変化がなかった。

続きを読む

「ライフ」のランキング