産経ニュース

【昭和天皇の87年】首相が変心! 外相は天を仰いだ 「もはや陛下しかいない…」 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
首相が変心! 外相は天を仰いだ 「もはや陛下しかいない…」 

画=筑紫直弘 画=筑紫直弘

バーンズ回答の衝撃(4)

 昭和20年8月12日午後3時、首相の鈴木貫太郎は閣僚懇談会を招集した。ポツダム宣言受諾をめぐる連合国回答(バーンズ回答)への対応を協議するためである。

 席上、回答を受け入れるべきと主張する外相の東郷茂徳に対し、陸相の阿南惟幾(これちか)が反論した。

 「このまま回答を受け入れれば日本が唯一絶対の条件とする国体護持が不安であるから再照会すべきである。あわせて自主的武装解除と占領地域の限定についても照会すべきである」

 東郷は断固反対した。

 「再照会すれば、連合国は日本の終戦決意を疑い、交渉の糸口が切れてしまう恐れが大である。その上、聖断により受諾条件としないことになった自主的武装解除などを今になって持ち出すのは、自ら交渉を打ち壊すことと同じだ」

 このとき、東郷にとって予想外だったのは、内相の安倍源基と法相の松阪広政が発言を求め、阿南の再照会論を支持したことだった。

 聖断が下される前の臨時閣議で東郷と阿南が衝突した際、大半の閣僚は東郷を支持したが、バーンズ回答がもたらされた後の閣僚懇談会では、空気ががらりと変わっていたのだ。東郷は閣僚懇談会を中座し、外務次官の松本俊一に電話をかけた。

 「形勢はすこぶる悪い」

× × ×

続きを読む

「ライフ」のランキング