産経ニュース

【びっくりサイエンス】実は恐ろしいアリ社会 裏切り者の卵は破壊 働きアリが相互監視 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
実は恐ろしいアリ社会 裏切り者の卵は破壊 働きアリが相互監視 

トゲオオハリアリ(辻瑞樹・琉球大教授提供) トゲオオハリアリ(辻瑞樹・琉球大教授提供)

 数多くの個体が役割分担しながら集団生活を送るアリの世界。互いに協力しあって仲良く暮らしているイメージが強いが、実際は相互に監視しあい、役割に反する行動を取った裏切り者を厳しく罰する監視社会なのだという。

 アリの社会における「取り締まり」は、個体数が少ない未成熟な集団ほど厳しいことが、関西学院大などの研究で分かってきた。集団が小さいほど、勝手な行動が全体に与える影響が大きくなるためらしい。

おきて破りには制裁

 アリ科の多くは、女王アリが雄と交尾して働きアリを産む。働きアリは全て雌で卵巣を持ち、交尾を必要としない単為生殖で雄を産むことができるが、産卵を担当するのは女王アリだけだ。

 働きアリの任務は幼虫を育てたり、餌を捕ったりする繁殖以外の仕事だ。女王アリが発するにおいの影響で、体が産卵できない状態に変わるとみられている。

 ところが、こうした役割分担にもかかわらず産卵してしまう働きアリもいる。働きアリ同士は互いに行動を監視していて、こうしたおきて破りの裏切り者を見つけると、集団で襲いかかって産卵を妨害したり、卵を奪って食べ破壊したりしてしまうという。このような行動を取る理由は、よく分かっていなかった。

続きを読む

「ライフ」のランキング