産経ニュース

【第89期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント】挑戦者決定戦は三浦弘行九段対豊島将之八段に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第89期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント】
挑戦者決定戦は三浦弘行九段対豊島将之八段に

 10連覇を達成した将棋の羽生善治棋聖(47)の挑戦者を決める第89期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメントは27日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で準決勝の三浦弘行九段(44)-稲葉陽(あきら)八段(29)戦が行われ、先手の三浦九段が101手で勝ち、挑戦者決定戦進出を決めた。5月1日の挑戦者決定戦は三浦九段と豊島将之八段(27)の顔合わせとなった。

 三浦九段は群馬県出身。西村一義九段門下。平成4年、四段プロデビュー。25年、九段。タイトル戦登場は5回で、獲得は棋聖1期。当時全七冠を制覇していた羽生棋聖から棋聖位を奪取し、羽生七冠の牙城を突き崩した。棋戦優勝は3回。通算成績は591勝415敗(勝率0・587)で、今年度は2勝1敗(0・667)。

 稲葉八段は兵庫県西宮市出身。井上慶太九段門下。平成20年、四段。28年、八段。士番号は269。タイトル戦登場1回。棋戦優勝1回。通算成績は274勝129敗(0・680)で、今年度は1勝1敗(0・500)。

 両者の対戦成績は三浦九段5勝、稲葉八段3勝。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング