産経ニュース

都立高授業の飛び込み指導で大けが 男性教諭に停職6カ月 都教委

ライフ ライフ

記事詳細

更新


都立高授業の飛び込み指導で大けが 男性教諭に停職6カ月 都教委

 都立墨田工業高(江東区)で水泳の授業中、プールが通常より浅い水深であると知りながら飛び込み練習をさせ、3年の男子生徒=当時(18)=に首の骨を折る大けがをさせたとして、都教育委員会は16日、区部の男性主幹教諭(45)を停職6カ月の懲戒処分とした。

 都教委によると、男性教諭は平成28年7月、水面から1.3メートルの高さにデッキブラシを水平に差し出し、デッキブラシを越えて飛び込むよう指示。男子生徒は頭から飛び込み、プールの底に頭を強打した。

 当時、水深は1.1メートルで通常より10センチ浅く、教諭は認識していたが、注水しなかった。教諭は「大変申し訳ないことをして反省している」と話しているという。

 この事故を受け、都教委では29年度から都立学校の水泳授業や学校行事での飛び込みを原則禁止している。

「ライフ」のランキング