産経ニュース

【科学】研究費当たり論文数、日本最下位 欧出版社調査

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【科学】
研究費当たり論文数、日本最下位 欧出版社調査

 オランダの学術出版大手エルゼビアは、主要国の科学研究費や論文数を比較した結果、日本の研究費は米国、中国に次ぐ3位だが、一定額当たりの論文数では最下位だったとする報告書を公開した。研究への投資が論文などの成果に結びついていない現状が浮かび上がった。

 報告書では、主要9カ国の2012年から16年の官民合わせた研究費を調べ、100万ドル当たりの論文数を計算した。日本は12年から最下位で、論文数の減少傾向が続き、16年は0.7と低迷。1位カナダ(3.8)、2位英国(3.7)に水をあけられ、中国(1.1)や韓国(0.9)にも及ばなかった。

 世界で発行されている全論文に占める、その国の論文数のシェアを12カ国で比べると、日本は12~14年に5位だったが、15年にはインドに抜かれて6位に転落。他国はシェアを維持したり、伸ばしたりしており、日本の減少が目立った。

 日本の研究費は8割が企業によるもので、エルゼビアは「産業界では研究が強力に進められている」と評価。一方で、日本の研究者は海外との共同研究が少なく国内にとどまりがちなことが、論文数などで低迷している原因だと分析している。

「ライフ」のランキング