産経ニュース

【ゆうゆうLife】家族がいてもいなくても(542)癒やしの切りコンブ煮

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
家族がいてもいなくても(542)癒やしの切りコンブ煮

 朝起きて、冷蔵庫を開けたら、中にあったのはブルーベリージャムの瓶だけ。野菜庫には、かき菜が少々。ほかにはなあんにもなし。

 「あらまあ、なんてさっぱりした冷蔵庫かしら」と、わが冷蔵庫の中に見とれてしまった。

 那須のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に引っ越して以来、私は昼も夜もそのハウスの食堂でご飯を食べている。朝食だけは、自分で作るのだけれど、冷蔵庫に何もなくても、コーヒーでしのいで、お昼にちゃんと食事をとればいいわ、と思えるのがとてもお気楽だ。

 思えば、毎日、誰かにご飯を作ってもらえる暮らしなんて、20歳で家を出て以来。

 特に、長きにわたった両親の介護時代は、子供のお弁当やら母の介護食で、どこで仕事をしていても、家族の「ご飯」のことで頭がいっぱい。そんな日々を繰り返してきた。

 その反動で、ひとり暮らしになってからはカレーを作って3日間食べ続けるとか、ずさんな食生活になりがちだった。ここに来て、食事のことを考えずに仕事に集中できるって、なんと優雅な日々なのだろうと思った。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング