産経ニュース

【第30期女流名人戦】準決勝第1局(下)井澤、半目勝負を制す

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第30期女流名人戦】
準決勝第1局(下)井澤、半目勝負を制す

桑原陽子六段(左)ー井澤秋乃四段(第30期女流名人戦 準決勝) 桑原陽子六段(左)ー井澤秋乃四段(第30期女流名人戦 準決勝)

 黒 六 段 桑原 陽子

 白 四 段 井澤 秋乃

 352手完、白半目勝ち

 【133~352】持ち時間各3時間

 先番(黒)6目半コミ出し

 桑原陽子六段(43)と井澤秋乃四段(39)の準決勝は、まれにみるデッドヒートで形勢は二転三転、最後まで目が離せなかった。

 前譜の最終場面では、井澤四段が桑原六段の猛攻を巧みにかわし、上辺の白大石をしのいだ。白は左辺の白数目を犠牲に、右辺に少なからぬ地を獲得したので、この取引は白に軍配が上がる。とはいえ、まだ下辺にはいろいろあやが残っており、ここからが勝負どころである。

 「白86(10十三)では参考図、白1の備えが必要でした。黒2以下強引に眼取りにきても白19でコウになり、白はそばコウが多いのでやれます」と解説の楊嘉源九段。

 白の逃げ切り勝ちが濃厚な局面で、桑原六段は下辺白の生死をにらんで妙手を放った。黒101(8十九)、103(7十九)の連打が決まった瞬間、「あ~ぁ」と嘆息をもらす井澤四段。局後に「この筋を見落としていました」と反省した。黒111(1十八)まで左下隅の白地が黒地と化しては、「盤十差で黒勝ちですね」と解説者は断定した。

続きを読む

「ライフ」のランキング