産経ニュース

【書評】『オリンピックへ行こう!』真保裕一著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
『オリンピックへ行こう!』真保裕一著

 〈大学の卓球部には、悲しきアフォリズムが言い伝わる。--十で神童、十五で才子(さいし)、二十歳すぎればただの人〉。幼い頃からナショナルチーム入りを夢見て、卓球づけの日々を送ってきた。先輩やライバルが脱落していくのを横目に、技を磨き、必死で戦い続けてきた。だが、もうチャンスはわずかしか残されていない。負ければ終わりの最後の大会を勝ち抜けるのか…。あきらめるな!

 五輪を目指すレベルの選手がどんな世界で戦っているかを、あざやかにドラマチックに描き出すスポーツ小説。卓球、競歩、ブラインドサッカーの3編を収録。(講談社・1500円+税)

「ライフ」のランキング