産経ニュース

【花田紀凱の週刊誌ウオッチング〈663〉】「文春」VS「新潮」久しぶりにスクープ合戦

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【花田紀凱の週刊誌ウオッチング〈663〉】
「文春」VS「新潮」久しぶりにスクープ合戦

2012年のベネチア国際映画祭での北野たけし監督(左)と森昌行社長 2012年のベネチア国際映画祭での北野たけし監督(左)と森昌行社長

 今週の『週刊文春』『週刊新潮』(ともに4月12日号)、久しぶりに週刊誌らしいスクープで張り合っている。

 『文春』が「“福島復興の顔”東電元副社長懺悔(ざんげ)告白『被災地運動家と関係を持ったら、5000万円要求されて…』」。『新潮』、「『ビートたけし』独立問題の裏の裏『裏切り者』にされた『森社長』の悲痛な反論5時間」。

 両誌とも当事者の「告白」だから強い。

 まず『文春』。

 元東電副社長、福島復興本社代表などを務めた福島担当特別顧問が被災地支援活動のリーダーの女性と男女の関係になり、別れ話がこじれた。

 〈二人は昨年暮れから、弁護士をたて和解交渉(中略)和解金として八百万円が提示されたが、彼女は断った〉。その後、〈一千万円に増額されたがA子さんはそれも断ったという〉。

 その間、A子さんからは次々とこんなメールが。

 〈私には◯先生(医療ジャーナリスト)がバックについています。文春もフライデーもいます。本当に私を捨てると言うのなら、覚悟はありますね?〉

 〈口止め料、精神的慰謝料5000万で手を打ちましょう〉

続きを読む

「ライフ」のランキング