産経ニュース

【将棋大賞】最優秀棋士賞に羽生善治棋聖、藤井聡太六段は…

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【将棋大賞】
最優秀棋士賞に羽生善治棋聖、藤井聡太六段は…

 羽生善治二冠(左)と藤井聡太六段  羽生善治二冠(左)と藤井聡太六段

 平成29年度に最も活躍した棋士を表彰する第45回将棋大賞選考委員会が2日、東京都内で開かれ、最優秀棋士賞に史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治棋聖(47)=竜王=が選ばれた。2年ぶり22回目。最多29連勝を達成した最年少プロの藤井聡太六段(15)は最優秀同等の特別賞を受賞した。

 羽生棋聖は昨年、竜王を奪取して7つ目の永世称号を獲得した。羽生棋聖は「山あり谷ありの1年でしたが、このように評価をしていただき、とても名誉に感じています。昨今の将棋界は尋常ではないスピードで変化を続けているので、これを励みにフットワーク軽く前進を続けたいと思います」とコメントした。

 藤井六段は新人賞も同時受賞。連勝のほか、勝率、勝利数、対局数の記録全4部門で1位となった。藤井六段は「特別賞に選んでいただき、ありがとうございます。これからも将棋の可能性を追求し、棋力を上げるべく一層精進していきたいと思っております」とコメントした。

 このほか、優秀棋士賞は菅井竜也王位(25)、最優秀女流棋士賞は里見香奈女流五冠(26)に決まった。

「ライフ」のランキング