産経ニュース

中国初の無人実験室、2日にも地球落下へ 「制御不能で大気圏突入」指摘も 

ライフ ライフ

記事詳細

更新


中国初の無人実験室、2日にも地球落下へ 「制御不能で大気圏突入」指摘も 

ドイツのレーダーが捉えた天宮1号(フラウンホーファー高周波物理・レーダー技術研究所提供) ドイツのレーダーが捉えた天宮1号(フラウンホーファー高周波物理・レーダー技術研究所提供)

 【北京=西見由章】中国有人宇宙プロジェクト弁公室は31日、中国が独自の有人宇宙ステーション建設に向けて2011年に打ち上げた初の無人宇宙実験室「天宮1号」が4月2日頃、大気圏に再突入すると発表した。誤差は前後1日という。一方、米政府とともに宇宙事業を展開する「エアロスペース・コーポレーション」のサイトは、再突入の時間を日本時間2日午前5時半頃(誤差は前後8時間)と予測している。

 中国の同弁公室は「天宮1号の大部分は大気圏で燃え尽き、地上に危害を与える可能性は極めて小さい」と発表。燃え残った残骸が人口の密集地域に落下する可能性も非常に低いとしている。エアロスペースのサイトも残骸が人体に危害を与える可能性は極めて低いとする一方、「制御された再突入ではなさそうだ」と指摘し、残骸が落下する地点は依然として不明だと言及している。

 場所と時間によっては天宮1号が落下、燃焼する様子が地上から数十秒間にわたって観測できる可能性もあるという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国初の無人実験室、2日にも地球落下へ 「制御不能で大気圏突入」指摘も 

関連ニュース

「ライフ」のランキング