産経ニュース

【第89期棋聖戦決勝トーナメント】佐藤康光九段と広瀬章人八段がベスト8進出

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第89期棋聖戦決勝トーナメント】
佐藤康光九段と広瀬章人八段がベスト8進出

 10連覇を達成した将棋の羽生善治棋聖(47)=竜王=の挑戦者を決める第89期棋聖戦決勝トーナメント1回戦、佐藤康光九段(48)-船江恒平六段(30)戦、郷田真隆九段(47)-広瀬章人八段(31)戦の2局が29日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、佐藤九段と広瀬八段が勝ち、ベスト8に進出した。佐藤九段は木村一基九段-稲葉陽八段(29)戦の勝者と、広瀬八段は阿部光瑠六段(23)と、それぞれベスト4進出を懸けて対戦する。

 【佐藤九段-船江六段】

 佐藤九段は京都府八幡市出身。田中魁秀九段門下。昭和62年、四段。平成10年、九段。タイトル戦登場は37回。獲得は竜王1期、名人2期、棋王2期、王将2期、棋聖6期(永世棋聖)の計13期。棋戦優勝は12回。

 船江六段は兵庫県加古川市出身。井上慶太九段門下。平成22年、四段。28年、六段。棋戦優勝は2回。

 両者の過去の対戦は1回で、矢倉の戦いを船江が制している。

 振り駒の結果、佐藤九段の先手で始まった。船江六段は美濃囲いから腰掛け銀とし、佐藤九段は雁木(がんぎ)に。その後、角交換から小競り合いが続いた。徐々に形勢が良くなった佐藤九段が後手玉に迫る一方、船江六段は先手玉に迫る手段がなく、午後6時16分、船江六段が75手で投了した。

続きを読む

「ライフ」のランキング