産経ニュース

【ゆうゆうLife】病と生きる 女優・歌手 安奈淳さん(70) 危機を乗り越え達観 歌える喜び世に還元

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
病と生きる 女優・歌手 安奈淳さん(70) 危機を乗り越え達観 歌える喜び世に還元

女優・歌手の安奈淳さん 女優・歌手の安奈淳さん

 昭和50年代、社会現象にまでなった宝塚歌劇の「ベルサイユのばら」で、2代目オスカル役としてブームを牽引(けんいん)した一人、安奈淳さん。退団後もミュージカルやテレビに活躍の場を広げ、多忙を極めた。しかし平成12年、膠原(こうげん)病により生死のふちをさまようことに。以来、病と生きて18年。だからこそ、歌える喜びをしみじみと感じるという。(聞き手・服部素子)

                  

 大病院なら、いまはどこでも膠原病科がありますが、当時は「膠原病です」と言うとみなさんに「高原病?」って言われたぐらい認知度が低かった。膠原病は、原因不明の自己免疫疾患。その中でも関節、筋肉、腎臓、心臓、肺など全身の臓器が障害を受ける難病の「全身性エリテマトーデス(SLE)」が、私のかかった病気です。

 緊急入院したときのことは、ほとんど覚えていないんです。覚えているのは、ベッドに寝かされ、背中に管を入れられて、ベッドの横にあった大きなビーカーみたいなものにどんどん黄色い水がたまっていったこと。看護師さんに「あれは何ですか?」って聞いたら「尿です」と言われて…。その後、10日間ほど記憶がありません。

続きを読む

「ライフ」のランキング