産経ニュース

教科書検定 ネット出典の名言など修正 文科省「根拠を確認できなかった」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


教科書検定 ネット出典の名言など修正 文科省「根拠を確認できなかった」

 今回の検定では、プロテニスプレーヤーの錦織圭選手や江戸時代初期の芸術家、本阿弥光悦ら著名な人物の名言を紹介した申請段階の教科書に「出典の根拠が適切でない」との検定意見が付き、人物や内容が差し替えられた。インターネット上のサイトから引用されたもので、文部科学省は「ネットでは駄目ということではないが、根拠を確認できなかった」としている。

 教育出版の中学校の道徳では、錦織選手の「自分の中に何か一つあれば強くなれる」との発言が記されたが、管理者が不明瞭のサイトが出典元だった。このため検定意見を受け、長崎で被爆しながら救護活動に尽力した医師、永井隆博士の「如己愛人-己の如く人を愛せよ」に変更された。島根県教育委員会が作成した資料に載っているという。

 京都にゆかりのある人物とされる本阿弥光悦の言葉も、同様の理由で研究文献に載っていた光悦の他の言葉に変更した。

 文科省の担当者は「辞書の記述や学術的背景のある研究者の成果などであれば出典元として問題ないが、適切かどうか確認できない場合、教科書に載せるものとしては問題がある」としている。

「ライフ」のランキング