産経ニュース

子供の手帳術 勉強もお手伝いも自分で管理

ライフ ライフ

記事詳細

更新


子供の手帳術 勉強もお手伝いも自分で管理

菅原瑛太君の手帳。左上に今週の目標、左下には振り返り、右下には母・清香さんのフィードバックが記入されている(菅原さん提供) 菅原瑛太君の手帳。左上に今週の目標、左下には振り返り、右下には母・清香さんのフィードバックが記入されている(菅原さん提供)

 4月になると、小学生も進級で新しい生活を迎える。新年度こそは、勉強や習い事などやるべきことは自分で管理し、家の手伝いも進んでやってほしいと考える保護者も多いだろう。子供のやる気を高め、自主性を育てるツールとして、手帳が注目されている。子供向け手帳の活用方法について、専門家に聞いた。(松田麻希)

 ◆自分で書かせる

 「好きだからやるのではなく、勉強に向かわせる仕組みを作って、習慣化させることが大事」

 一般社団法人教育デザインラボ代表理事の石田勝紀さん(49)はこう指摘する。石田さんは学習塾や中高一貫校の経営に携わり、子供の手帳術についてまとめた「勉強しない子には『1冊の手帳』を与えよう!」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者。

 石田さんが考案した「仕組み」は、子供に1冊の手帳を与えてやるべきことを書かせ、やり終えたら赤ペンで線を引いて消す-これだけだ。その際、やるべきことは自分で書かせるのがコツ。手帳も、できれば好みのものを本人に選ばせる。「手帳に愛着がわき、やる気や自主性につながる」(石田さん)という。

 ◆ポイントで動かす

 さらにポイント制の導入が効果的。例えば宿題のプリントは1ポイント、風呂洗いは2ポイント。「『ポイントで釣っていいのか』と不安がる親は多い。初めはポイントのために動くが、そのうち達成感を味わいたくなる。動機が内発的なものに切り替わる」と石田さんは話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 子供の手帳術 勉強もお手伝いも自分で管理
  • 子供の手帳術 勉強もお手伝いも自分で管理

「ライフ」のランキング