産経ニュース

【第89期棋聖戦決勝トーナメント】三浦弘行九段が2回戦進出

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第89期棋聖戦決勝トーナメント】
三浦弘行九段が2回戦進出

三浦弘行九段(飯田英男撮影) 三浦弘行九段(飯田英男撮影)

 10連覇を達成した将棋の羽生善治棋聖(47)=竜王=の挑戦者を決める第89期棋聖戦決勝トーナメントが19日、開幕した。この日は東京・千駄ケ谷の将棋会館で、1回戦の三浦弘行九段(44)-斎藤慎太郎七段(24)戦が指され、三浦九段が勝ち、2回戦進出を決めた。三浦九段は2回戦で渡辺明棋王(33)-戸辺誠七段(31)の勝者と対戦する。

 三浦九段は群馬県出身。西村一義九段門下。平成4年、四段プロデビュー。25年、九段。タイトル戦登場は5回で、獲得は棋聖1期。当時全七冠を制覇していた羽生棋聖から棋聖位を奪取し、羽生七冠の牙城を突き崩した。棋戦優勝は3回。今年度の成績は23勝14敗(0.622)、通算成績は588勝413敗(0.587)。

 斎藤七段は奈良市出身。畠山鎮七段門下。平成24年、四段プロデビュー。29年、七段。タイトル戦登場は1回で、前期の棋聖戦で羽生棋聖に挑戦したが、1勝3敗で敗れた。今年度の成績は33勝19敗(0.635)、通算成績は176勝78敗(0.693)。

 両者の対戦成績は斎藤七段の1勝0敗。

続きを読む

「ライフ」のランキング