産経ニュース

【話の肖像画】大阪大教授・関谷毅(1) 家庭とテクノロジーをつなげる

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
大阪大教授・関谷毅(1) 家庭とテクノロジーをつなげる

 〈人工知能(AI)や、モノのインターネット(IoT)といった最新の技術を医療現場などで応用するスペシャリスト。「世界で影響力を持つ科学者」として国内外で著名だ。平成27年には、額に貼るだけで脳波の動きを正確に計測する小型センサーの開発を、世界で初めて発表した〉

 人間にとっての最大の悲劇は、脳が病に侵されてしまうことだと思います。

 例えば、アルツハイマー型認知症は記憶力が低下するだけでなく、思考や人格など人間として重要な機能が障害を負う恐れがあります。日常的に、脳波の様子を見て認知症を効率的に予防できたら良いのですが、そんなことをしている方はほとんどいないですよね。「何か最近、様子がおかしいな」と病院に連れて行ったら、認知症と診断されたというケースが多いのではないでしょうか。

 私は、AIやIoTなどのテクノロジーを駆使して食い止めてみたいと思ったのです。

 私の発想は「家庭で簡単にできる脳のセルフケア」です。開発した小型センサーは厚さ6ミリ、重さ24グラムと薄くて軽い特徴があります。柔らかい形状で、額に貼るだけで前頭部の脳波を、大型医療機器に匹敵する高い精度で測定できます。測定はセンサーに搭載されたAIが自動で行い、脳波のデータをIoT技術で病院へリアルタイムに無線送信します。少しでも異常があれば、センサーを装着した本人に伝える仕組みです。

 単に脳波を測り、数値化するだけでなく、図表で分かりやすく可視化し、本人や家族が一目で状態が分かるようにしたいです。まさに脳の翻訳機ですね。この方法なら毎日のように脳の様子を確認できるので、認知症予防にもつながるのではないでしょうか。体温計と同じような気軽さで、脳の状態を家庭で見られる社会を実現できると考えています。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング