産経ニュース

渡良瀬遊水地で“春の風物詩”ヨシ焼き ヨシ原に炎、黒煙広がる

ライフ ライフ

記事詳細

更新


渡良瀬遊水地で“春の風物詩”ヨシ焼き ヨシ原に炎、黒煙広がる

渡良瀬遊水地の堤防からヨシ焼きを見る見学者=17日、栃木県栃木市藤岡町内野 渡良瀬遊水地の堤防からヨシ焼きを見る見学者=17日、栃木県栃木市藤岡町内野

 栃木、群馬、埼玉、茨城の4県にまたがる渡良瀬遊水地で17日、春の風物詩、ヨシ焼きが行われた。遊水地の半分近くを占めるヨシ原全域約1500ヘクタールが対象。ヨシ原を保全し、多様な植物の生育を促す効果があり、周辺市町が連携して実施している。

 地元住民約500人による火入れ作業は、前日の雨の影響で予定より1時間遅れた。しばらく、なかなか炎が広がらず、早朝から堤防の上でカメラを構えていた写真愛好家や見学者から落胆の声も漏れたが、昼近くになって、火は勢いを増した。宇都宮市の無職、鈴木耕平さん(70)は「(堤防の)菜の花と共に春が感じられる。パチパチという音もいいし、迫力ある光景」と間近で上がる炎と煙を眺めていた。

このニュースの写真

  • 渡良瀬遊水地で“春の風物詩”ヨシ焼き ヨシ原に炎、黒煙広がる
  • 渡良瀬遊水地で“春の風物詩”ヨシ焼き ヨシ原に炎、黒煙広がる

「ライフ」のランキング