産経ニュース

【囲碁・国際棋戦】藤沢女流名人は4位「悔いが残る」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【囲碁・国際棋戦】
藤沢女流名人は4位「悔いが残る」

「ワールド碁女流最強戦」の3位決定戦で藤沢里菜女流名人は崔精九段に敗れ4位に終わった 「ワールド碁女流最強戦」の3位決定戦で藤沢里菜女流名人は崔精九段に敗れ4位に終わった

 新設された囲碁の国際女流棋戦「SENKO CUPワールド碁女流最強戦2018」の決勝が16日、東京都千代田区の日本棋院で行われ、中国代表の於之瑩(お・しえい)六段(20)が台湾・黒嘉嘉(こく・かか)七段(23)の時間切れにより勝利、優勝した。

 於六段は「優勝できてうれしいです。この大会を長く続けていただければ」と喜びを表した。

 また、4人の日本勢で唯一、1回戦を突破した藤沢里菜女流名人(19)=三段=は、この日の3位決定戦で韓国の崔精(チェ・ジョン)九段(21)に敗れ、出場8人中4位だった。藤沢女流名人は「日本での開催だっただけに、4位というのは悔いが残る。反省をいかして、これからの対局にいかしたい」と唇をかみしめた。

 会場を移し都内のホテルで行われた表彰式では、準優勝になり、台湾でタレント活動もする黒嘉嘉(こく・かか)七段(23)の華やかな装いが、日本の囲碁ファンをどよめかせた。

 囲碁十段戦を主催している産経新聞社では、囲碁の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。

 是非、ご回答ください。⇒アンケートはこちらから

「ライフ」のランキング