産経ニュース

カンガルーやウサギが“出馬” 長野・須坂市動物園の選挙スタート 17、18日に投票

ライフ ライフ

記事詳細

更新


カンガルーやウサギが“出馬” 長野・須坂市動物園の選挙スタート 17、18日に投票

期間中は園内に12候補の名前や写真、キャッチコピーが入ったポスターが掲示される=13日、長野県須坂市(三宅真太郎撮影) 期間中は園内に12候補の名前や写真、キャッチコピーが入ったポスターが掲示される=13日、長野県須坂市(三宅真太郎撮影)

 長野県の須坂市動物園の来年度の「顔」を決める恒例の「代表動物選挙」が告示され、熱い選挙戦が園内で繰り広げられている。各飼育員が推薦するアカカンガルーやウサギなど12種が出馬しており、投票は17、18の両日に行われ、18日に即日開票される。

 選挙は10日に告示され、期間中は園内2カ所に12種の名前や写真、キャッチコピーが入ったポスターが掲示されている。

 投票日の2日間は、飼育員が支持を訴える立会演説会も行われ、投票箱や記載台は、須坂市選挙管理委員会から本物を借用する。当選者は、来年度の同園の年間パスポートの表紙を飾ったり、園のさまざまなイベントに出演したりして活躍する。

 投票用紙は、来園者1人に1枚ずつ、入園券の販売窓口で配布され、園内に設置された投票箱に一票を投じる。16日までは期日前投票も受け付ける。

 昨年1位だったフンボルトペンギンの「トット」担当飼育員の笹井恵さん(35)は、今回はホンドタヌキの「さと」と「ふき」を推薦。笹井さんは「この機会にいろんな動物に興味を持ってほしい」と投票を呼びかけている。

関連ニュース

「ライフ」のランキング