産経ニュース

「絶滅危惧種CR」指定のホウシャガメ 2年連続で繁殖成功 東京・江戸川区自然動物園

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「絶滅危惧種CR」指定のホウシャガメ 2年連続で繁殖成功 東京・江戸川区自然動物園

今年誕生したホウシャガメ(東京都江戸川区提供) 今年誕生したホウシャガメ(東京都江戸川区提供)

 東京都江戸川区自然動物園は、国際自然保護連合(IUCN)が絶滅の危険性が非常に高い「絶滅危惧種CR」に指定しているホウシャガメの2年連続2度目の繁殖に成功した。

 区によるとホウシャガメの赤ちゃんは1匹で2月23日に誕生した。平成28年までに国内で2年連続繁殖に成功したのは3園しかない。 

 赤ちゃんは現在甲長4センチ、体重23グラム。小松菜やモロヘイヤなど成体と同じ餌を細かく刻んだものを食べている。

 ホウシャガメはマダガスカル島南西部に生息し、別名「マダガスカルホシガメ」と呼ばれる。成体の甲長は最大40センチ、体重は16キロになり、平均寿命は50年といわれる。

 放射状に入った黄色い模様が美しことから「世界一美しいリクガメ」と評価される一方、個体数は激減している。

 区によると今回生まれたカメは早ければ今秋にも一般公開される。

「ライフ」のランキング