産経ニュース

【平昌パラ】「勝つか転ぶか」村岡桃佳、金めがけ攻めた大回転

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【平昌パラ】
「勝つか転ぶか」村岡桃佳、金めがけ攻めた大回転

アルペンスキー 大回転 女子 座位 金メダルを獲得し、笑顔で観客席の家族を見つめる村岡桃佳=14日、韓国・旌善アルペンセンター(桐原正道撮影) アルペンスキー 大回転 女子 座位 金メダルを獲得し、笑顔で観客席の家族を見つめる村岡桃佳=14日、韓国・旌善アルペンセンター(桐原正道撮影)

 最高の輝きのメダルをようやく手にした。アルペンスキー女子大回転座位の村岡はゴールの瞬間、右手を高々と掲げた。

 「言葉に表せない。良かったという安堵(あんど)感、うれしいというか…いろんな感情がこみ上げてよく分からない。ちょっと夢見心地」。言葉の端々に喜びがあふれた。

 大回転は2回の合計タイムで競う。村岡は1回目で2位に1秒40差をつけた。2回目のスタート前、コーチから無線で連絡が入った。「コースはそんなに荒れていない。桃佳だったらいける。最後まで桃佳らしく滑ってこい」。その言葉に背中を押された村岡は「勝つか、転ぶか」の攻めの滑りで挑み、念願の金メダルをもぎ取った。

 すでに滑降、スーパー大回転、スーパー複合で3個のメダルを獲得。周囲から祝福され、家族からも無料通信アプリ「ライン」で「すごいね」とメッセージが届いた。だが、村岡は「悔しい」と返した。金メダルを取れなかったからだ。

続きを読む

「ライフ」のランキング