産経ニュース

アレルギー対応食品 メーカーが工夫 身近に

ライフ ライフ

記事詳細

更新


アレルギー対応食品 メーカーが工夫 身近に

NPO法人「アトピッ子地球の子ネットワーク」が主催したキャンプでアレルギー対応のカレーを食べる参加者=平成27年8月、相模原市(提供写真) NPO法人「アトピッ子地球の子ネットワーク」が主催したキャンプでアレルギー対応のカレーを食べる参加者=平成27年8月、相模原市(提供写真)

 カレーや粉ミルクなど身近なアレルギー対応の商品が各種登場している。食物アレルギーの子供や乳幼児にも不安のないように、食品メーカーが乳製品や小麦の代わりに別の素材を使った商品を開発、味わいや食感にもこだわり加工など工夫している。

 ◆キャンプでカレー

 NPO法人「アトピッ子地球の子ネットワーク」(東京)は、アレルギー性疾患のある子供と家族を対象にしたキャンプを毎年開催している。

 約2年半前、ハウス食品の「特定原材料7品目不使用シリーズ」を使ったカレーを参加者が料理したところ、子供たちはキャンプでカレーを食べたことがなく、スプーンを準備していなかったため箸で食べたという。

 特定原材料7品目は、食物アレルギーの患者数や症状の重さから国が加工品に表示を義務付けている原材料。卵、乳、小麦、エビ、カニ、そば、落花生の7つを指す。

続きを読む

このニュースの写真

  • アレルギー対応食品 メーカーが工夫 身近に
  • アレルギー対応食品 メーカーが工夫 身近に
  • アレルギー対応食品 メーカーが工夫 身近に

「ライフ」のランキング