産経ニュース

多摩川花火大会、秋開催に移行

ライフ ライフ

記事詳細

更新


多摩川花火大会、秋開催に移行

 川崎市は、例年8月中旬に開催してきた「川崎市制記念多摩川花火大会」について、秋開催に移行すると発表した。対岸の「世田谷区たまがわ花火大会」(東京都世田谷区)とともに10月13日に実施する。

 昨年、世田谷区側の河川敷に落雷があり、来場者がしびれを訴えて病院に搬送されたため、雷雨が発生しやすい時期を避けることにしたという。来年以降も秋に開催する方針。市の観光プロモーション推進課は「観客の安全を第一に考えた」としている。

 多摩川をはさんで両岸から打ち上がる花火が楽しめる恒例行事で、今年は各約6千発、両岸で計約1万2千発を打ち上げる。夏開催に比べて日没が早く、開催時間を1時間早めて午後6~7時に行う。

「ライフ」のランキング