産経ニュース

【話の肖像画】元バレーボール選手・川合俊一(2)父が立てた「五輪出場作戦」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
元バレーボール選手・川合俊一(2)父が立てた「五輪出場作戦」

中学1年、バレーボールを始めたころ=昭和50年 中学1年、バレーボールを始めたころ=昭和50年

 〈育った家は、東京都大田区のとんかつ屋。新潟県糸魚川市で生まれ、8歳のときに家族で引っ越してきた〉

 新潟で、おやじは無遅刻無欠勤のまじめな会社員だったんですけど、病気で1カ月ほど休職したら降格されてしまった。それで会社を辞め、上京して商売をすることに。前の会社の人たちは「上京したって絶対に失敗する」と言っていたらしい。おやじは「商売で成功して見返してやる」と誓ったけど、実際に商売を始めてみると、大変で難しい。それで「子供を五輪選手にして見返してやる」と思った。ここから僕の五輪への道が始まりました。

 当時の僕は体を動かすのが嫌い。足も遅くて、男女混合のマラソン大会でも最後から2番目にゴールするくらい。体育の通信簿は良いときで「3」。頭で考えるのが得意で、囲碁や将棋が好きでした。それでもスポーツに向かわされたんです。

 おやじはバスケットボールの選手だったので、小学生のときはバスケを特訓されていましたが、進学する近所の公立中学はバスケよりバレーボールのほうが断然強いと知ると、バレーに方向転換。おやじはやったことのないバレーを勉強し、中学のバレー部の練習のほか、店の休日には近所の多摩川土手で親子で特訓しました。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング