産経ニュース

日本学士院賞に松村氏ら9人

ライフ ライフ

記事詳細

更新


日本学士院賞に松村氏ら9人

左から松村剛氏、豊島近氏、三佐川亮宏氏 左から松村剛氏、豊島近氏、三佐川亮宏氏

 日本学士院は12日、優れた業績を上げた研究者に贈る日本学士院賞に、中世フランス語の辞書を編纂(へんさん)した松村剛東京大教授(58)や、生物の細胞内の成分濃度を調整するタンパク質の構造を明らかにした豊島近東京大教授(63)ら9人を選んだと発表した。松村氏と豊島氏には恩賜賞も贈る。生物種の保全に関わる研究者に隔年で贈る日本学士院エジンバラ公賞には、化石の発見などで人類の起源と進化の解明を進めた諏訪元東京大教授(63)を選んだ。

 学士院賞には他に、ほぼ水でできたゲル状の新材料などを生み出した相田卓三理化学研究所副センター長(61)や、地球温暖化がアジアの水稲生産に及ぼす影響を解析した堀江武京都大名誉教授(75)が選ばれた。

 清野進神戸大特命教授(69)は、血糖を調節するインスリンが膵臓(すいぞう)から分泌される仕組みを解明したことが評価された。

 授賞式は6月に東京・上野の日本学士院で開かれる。

 【日本学士院賞・恩賜賞】

 松村剛(まつむら・たけし)東京大教授、中世フランス語。中世フランス語の辞書を独力で編纂。58歳。東京都出身。東京都大田区。

 豊島近(とよしま・ちかし)東京大教授、生物物理学。細胞のイオンポンプタンパク質の構造を解明。63歳。秋田県出身。東京都文京区。

 【日本学士院賞】

 三佐川亮宏(みさがわ・あきひろ)東海大教授、ドイツ中世史。史料からドイツ史の開始期を特定。57歳。札幌市出身。神奈川県伊勢原市。

 楠岡成雄(くすおか・しげお)東京大名誉教授、数学。確率解析と数理ファイナンスの研究。64歳。大阪市出身。東京都世田谷区。

 丸岡啓二(まるおか・けいじ)京都大教授、有機合成化学。アミノ酸の大量合成に有用な触媒を確立。64歳。三重県出身。大津市。

 相田卓三(あいだ・たくぞう)理化学研究所副センター長、高分子化学。強力なゲル状新素材を開発。61歳。大分県出身。東京都文京区。

 堀江武(ほりえ・たけし)京都大名誉教授、作物学。地球温暖化でアジアの水稲生産に及ぶ影響を解析。75歳。島根県出身。茨城県つくば市。

 長野哲雄(ながの・てつお)東京大名誉教授、薬学・ケミカルバイオロジー。蛍光の発光強度の制御。68歳。東京都出身。東京都杉並区。

 清野進(せいの・すすむ)神戸大特命教授、代謝学。血糖を調整するインスリン分泌の仕組みを解明。69歳。松江市出身。兵庫県芦屋市。

 【日本学士院エジンバラ公賞】

 諏訪元(すわ・げん)東京大教授、自然人類学。初期人類の化石発見など人類の起源と進化の研究。63歳。東京都出身。東京都国分寺市。

このニュースの写真

  • 日本学士院賞に松村氏ら9人
  • 日本学士院賞に松村氏ら9人
  • 日本学士院賞に松村氏ら9人

「ライフ」のランキング