産経ニュース

【Drone Times】ドローンのプログラミングで国語力を鍛える? 奈良の中学生向け公開授業を見学してきた!

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【Drone Times】
ドローンのプログラミングで国語力を鍛える? 奈良の中学生向け公開授業を見学してきた!

 ドローンを自動で飛行させるためのプログラミングを国語として教える授業を、奈良女子大学附属中等教育学校が公開した。ドローンの活用法は拡大しつつあるが、「国語」での利用とは珍しい。想像を膨らませて見学に出かけたら、予想しない光景が繰り広げられていた。

CM風メッセージ動画上映 「ドローンで躍動感表現したかった」

 授業は、中高一貫の6年カリキュラムの2年生、一般の中学2年にあたる、約40人のクラス向けに行われた。授業の冒頭、生徒に予め課されていた「CM」の上映会が始まった。生徒各自が伝えたいメッセージを30秒のCM風にまとめた動画だ。

 上映された作品は多様性に富んだ。学校の下足入れが正面から画面いっぱいにうつしだされた作品は、整理整頓の奨励がメッセージ。ラケットにガットを貼ろう、とメッセージが出たと思ったらすかさずスポーツ用品店の連絡先が出る動画もある。ほかにも、バドミントンの楽しさ、茶道の魅力、おにぎりの再評価、スニーカーのかわいらしさ、音楽、フルートなど、約20分で約40本を見たが飽きない。ドローンから撮影したらしい映像を含む作品も多かった。

 上映が一周したあと、生徒3人が先生から指名され、作品の自己分析をするよう指示された。下足入れをテーマにした生徒は、「対象は生徒。意識したことは、興味を持ってもらうこと。CM動画は興味をもってもらえるメッセージを作りやすいと実感した。注目される手段として有効ではないか」と総括した。

続きを読む

このニュースの写真

  • ドローンのプログラミングで国語力を鍛える? 奈良の中学生向け公開授業を見学してきた!
  • ドローンのプログラミングで国語力を鍛える? 奈良の中学生向け公開授業を見学してきた!

「ライフ」のランキング