産経ニュース

縄文女性の瞳は茶色だった DNA解析で顔を初復元、国立科学博物館

ライフ ライフ

記事詳細

更新


縄文女性の瞳は茶色だった DNA解析で顔を初復元、国立科学博物館

DNA情報に基づいて復元された縄文時代の女性の顔 DNA情報に基づいて復元された縄文時代の女性の顔

 縄文女性の瞳は茶色だった-。国立科学博物館などの研究チームは12日、縄文人の骨から採取したDNAのゲノム(全遺伝情報)を解析し、顔つきに関係する遺伝子に基づいて初めて復元した顔の像を公表した。

 解析した人骨は約3800年前の40~50歳代の成人女性で、北海道・礼文(れぶん)島の船泊遺跡で約30年前に出土した。

 顔の特徴に関わる遺伝子を調べたところ、肌はしみができやすい性質で色が濃く、毛髪は細く縮れたタイプ。鼻の高さは中程度で、瞳は茶色だと分かった。

 研究チームによると、縄文人の瞳は黒いというのがこれまでの常識だった。その他の特徴は、従来の手法で復元した顔と大きく変わらないという。アルコールを効率よく分解できる遺伝子を持ち、酒に強かったらしいことも判明した。

 古代人の顔の復元は、発掘された人骨の上に、現代人の平均的な顔を張り付けるような方法で行っていたため、正確さに欠けていた。チームは「今後は顔つきだけでなく、どんな病気に弱かったかなど暮らしぶりも分かってくるだろう」と話している。

 復元された顔は13日から同博物館で一般公開される。

このニュースの写真

  • 縄文女性の瞳は茶色だった DNA解析で顔を初復元、国立科学博物館

「ライフ」のランキング