産経ニュース

【教育動向】高校入試はどう変わる? 新学習指導要領と中学校教育・高校入試

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
高校入試はどう変わる? 新学習指導要領と中学校教育・高校入試

 今回の学習指導要領の改訂は、高大接続改革(大学入試改革)と連動している点で注目されています。大学入試が変わるなら、高校入試はどう変わるのでしょうか。

 新学習指導要領作成の中核的メンバーであり、中央教育審議会・教育課程部会の中学校部会委員でもある奈須正裕先生に、今後の高校入試と中学校教育の方向性についてうかがいました。

「出口」を変えないと授業は変わらない

 知識・技術を自分らしく使いこなし、周囲の人と協働しながら問題解決に向かう「資質・能力」の育成が、今回の学習指導要領改訂のポイントです。これまでも、そのような資質・能力に価値を認めない先生はいなかったと思います。

 しかし、高校までの教育の「出口」ともいえる大学入試問題に、要素的な知識・技能を問うものが多かったため、中学・高校の授業も知識をたくさん教える形になりがちでした。そこで今回は、併せて出口も変えようということで、大学入試のあり方を見直す「高大接続改革」が進められているわけです。

 大学入試が変わるなら、今後高校入試はどう変わっていくのでしょうか。

 近年、各都道府県の公立高校の入試問題は、思考力・判断力・表現力等を問う方向に緩やかに変化しているといえると思います。また、英語の資格・検定試験の成績を高校入試に反映できる制度を導入した大阪府・福井県、スピーキングテスト導入の方針を発表した東京都のように、英語4技能を重視する動きは進みつつあります。

 また、広島県では、資料の読み取りや条件作文などで思考力・判断力・表現力を見るなど、かなり大胆に県立高校の入試問題を変えてきています。

 英語では、長文を読んだり聞いたりした後、自分の答えを英語で書くような問題が出題されます。このような問題に対応するには、単語や文法事項の暗記では対応できないため、中学の授業も変わってきているといいます。

続きを読む

「ライフ」のランキング