産経ニュース

【書評】被害の全体像や復興を考えるための導きの書…『福島はあなた自身 災害と復興を見つめて』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
被害の全体像や復興を考えるための導きの書…『福島はあなた自身 災害と復興を見つめて』

『福島はあなた自身 災害と復興を見つめて』 『福島はあなた自身 災害と復興を見つめて』

 昨年3月、東京大で東日本大震災と東京電力福島第1原発事故をテーマにシンポジウム「あのときの、あれからの福島」が開かれた。その内容に加筆し、1冊にまとめたのが本書だ。同大大学院哲学研究室の一ノ瀬正樹教授や、同大医学部放射線医学教室の中川恵一准教授ら、未曽有の災害と正面から向き合ってきた専門家たちが冷静な筆致で教訓を論じている。

 あのとき要介護者ら「避難弱者」はどう行動したのか、放射線をめぐる健康や子育てをどう考えればいいのか。震災から7年、被害の全体像や途上にある復興を考えるための導きの書となる。(一ノ瀬正樹、早野龍五、中川恵一編/福島民報社・2000円+税)

「ライフ」のランキング