産経ニュース

【聞きたい。】テレビマンの初瀬礼さんが挑むリアル小説『呪術』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
テレビマンの初瀬礼さんが挑むリアル小説『呪術』

初瀬礼氏 初瀬礼氏

 報道畑で20年以上を過ごした現役テレビ局員が3作目の小説「呪術(じゅじゅつ)」のテーマに選んだのは、アフリカで横行する「アルビノ(先天性色素欠乏症)狩り」だ。

 テレビ番組で取り上げられているのを偶然目にして関心を持った。医学的・歴史的見地から文献を読み込み、アルビノの人への取材も重ねた。「昔から神秘的存在ではありましたが、体の一部分を切ったり殺したりするのは最近の悪習であることが分かりました」

 30代の女性ツアーコンダクターは、仕事で訪れたモロッコで呪術師から呪いの「最高の材料」として狙われるアルビノの少女と出会う。2人は日本に渡るが、呪術師も執拗(しつよう)に追いかけてくる。2人の運命、そして意外な呪術師の正体は…。

 通り魔事件とアルバニアで昔存在した復讐(ふくしゅう)をめぐる因習を描いた「血讐」、原因不明のパンデミック(世界的流行)に米露の陰謀を絡めた「シスト」に続く出版となった「呪術」も世界が舞台だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • テレビマンの初瀬礼さんが挑むリアル小説『呪術』

関連ニュース

「ライフ」のランキング