産経ニュース

【書評倶楽部】書評サイト「HONZ」代表・成毛眞 このカップルが大好き…『されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評倶楽部】
書評サイト「HONZ」代表・成毛眞 このカップルが大好き…『されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間』

成毛眞氏(瀧誠四郎撮影) 成毛眞氏(瀧誠四郎撮影)

 著者は『最貧困女子』や『老人喰い』などのルポ作品で、犯罪現場の貧困問題をえぐり出してきた気鋭のノンフィクション作家だ。

 働き盛りの44歳。作家稼業だけでは食えなくなってきた出版界にあって、社会派マンガの原作もこなしながら、いささか問題のある奥さまと、なんとか暮らしてきた。奥さまの問題とは、重度の発達障害を抱えたまま大人になっただけでなく、リストカットを繰り返し、さらには悪性の脳腫瘍まで患ってしまうという多重の不幸である。

 さらなる試練が2人を襲う。なんと著者自身も脳梗塞で倒れ、高次脳機能障害を抱えてしまったのだ。トルストイは、すべての幸福な家庭は互いに似ている。不幸な家庭はそれぞれの仕方で不幸である、といった。まさに鈴木家は不幸が重合した典型に見える。40代カップルが抱える問題としては重すぎるだけでなく、多すぎるのだ。本書はそんな2人の18年間を切り取った実録である。

続きを読む

このニュースの写真

  • 書評サイト「HONZ」代表・成毛眞 このカップルが大好き…『されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間』

関連ニュース

「ライフ」のランキング