産経ニュース

「いじめ対応不適切」青森中1自殺、再調査委が学校批判

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「いじめ対応不適切」青森中1自殺、再調査委が学校批判

 青森県東北町立上北中1年の男子生徒=当時(12)=が平成28年8月にいじめを訴え自殺した問題で、町の再調査委員会は9日、同級生の男子からいすを蹴られるいじめに遭ったことが自殺の原因と認定した。学校については「いじめを認識しながら適切に対応せず、自殺を防げなかった」と厳しく批判した。

 同日公表された報告書は、男子生徒が28年6月初めから、後ろの席の同級生に複数回いすを蹴られ、母親に何度も「嫌だ」と訴えていたとして「心身の苦痛は相当だった」と指摘。遺書にはこの同級生によるいじめが原因で自殺すると書かれ「因果関係がある」と判断した。

 報告書によると、学校は6月中旬、両親からの訴えでいじめと判断したが、いすを蹴る行為をやめさせず、町教育委員会への報告も怠った。報告書は一連の対応を「単に様子を見るだけで何もしていないに等しい。極めて無責任だ」と非難した。

 上北中の中村広美校長は記者会見し「生徒の命を守れなかったことは申し訳なかった」と述べた。

「ライフ」のランキング