産経ニュース

【100歳時代プロジェクト】早期診断・予防で認知症抑制 高齢者の「役割」創出がカギ ヘルスケア委員会提言

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【100歳時代プロジェクト】
早期診断・予防で認知症抑制 高齢者の「役割」創出がカギ ヘルスケア委員会提言

 誰もが100歳まで生きることが当たり前となる時代に備え、産経新聞社が立ち上げた「100歳時代プロジェクト」(パートナー企業・太陽生命保険、野村ホールディングス)はこのほど、ヘルスケア委員会を開き、健康寿命の延伸に向けた認知症対策に関する提言をまとめた。

 委員の東京医科歯科大学特任教授の朝田隆氏は「認知症の予防には社会的活動や交流が有効で、高齢者の役割があることが大切。一番良いのは仕事があることだ」と指摘。慶應義塾大学大学院医学研究科委員長の岡野栄之氏は「遺伝子解析やiPS細胞なども使って、認知症の進行を止める薬の開発を追求しなければならない」と語った。国立長寿医療研究センター予防老年学研究部長、島田裕之氏は「できるだけ早い段階で自分の状態を客観的に知ってもらい、予防のための行動を起こしてもらうことが重要だ」と述べた。

正しい知識の普及・啓発

 --認知症に関する正しい知識や情報がまだまだ不足している

 島田氏 認知症の予防には、運動の習慣化など健康的なライフスタイルを早くから身につけることが重要であると知ってもらうことが、まずはスタートになると思います。やるべきことは分かっています。それを一部の人だけでなく、社会全体で取り組むことが重要で、「気づき」と「行動」を促すことが大切です。正しい情報をいかに分かりやすく国民に伝えていくかという点でも、メディアが果たすべき役割は大きいと考えています。認知症の当事者や家族の声を広く伝えることも、認知症への理解が深く浸透することにつながると思います。

 朝田氏 米国では国立衛生研究所(NIH)が、国民向けにホームページで認知症予防に効果があると考えられる8カ条を公表しています。太らない、運動の習慣、健康的な食生活といった非常に分かりやすい内容で、国が率先し責任をもって国民に予防を促しています。米国の事例を参考に、日本でも、国が責任をもって、専門家に研究や検証をさせた上で、分かりやすく国民に広げていくような取り組みが必要だと考えています。

 岡野氏 例えば、アルツハイマー型の場合、無症状期20年、発症前の軽度認知障害(MCI)10年と発症まで非常に長い時間がかかりますので、早期診断による早期予防あるいは早期医療介入が非常に重要となります。そうした認識を広め、健康診断の一環として認知症の検査を実施するような動きにつなげていくことが大事だと思います。

続きを読む

このニュースの写真

  • 早期診断・予防で認知症抑制 高齢者の「役割」創出がカギ ヘルスケア委員会提言
  • 早期診断・予防で認知症抑制 高齢者の「役割」創出がカギ ヘルスケア委員会提言
  • 早期診断・予防で認知症抑制 高齢者の「役割」創出がカギ ヘルスケア委員会提言

「ライフ」のランキング