産経ニュース

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】『わたしとわたし』 自分と他者について考える

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】
『わたしとわたし』 自分と他者について考える

『わたしとわたし』 『わたしとわたし』

 福音館書店の月刊誌「かがくのとも」の平成30年1月号として刊行された五味太郎さんの絵本『わたしとわたし』は、作者から「自分と他者について考えてごらん」という投げかけが届いてきます。

 表紙には2人の「わたし」が描かれ、1人は黒い影に包まれています。絵本では、「わたし」が「あさごはんはいつもおいしい」と思うと同時に、「もうひとりのわたし」が「ほんとうはおかしたべたい」と思う。「おてつだいはたいせつ」だと思う半面、「めんどうくさい」と思う。1人の心の中にある相反する気持ちが2人の「わたし」として描かれます。

 この絵本を読んだ5歳のサキちゃんは「お菓子がごはんだったらいいのになあって、私も思うよ」と、絵本の中の「もうひとりのわたし」に共感しました。しかし、「でも、お菓子ばかり食べていたら大きくなれないよね」と、自分の中にいろいろな気持ちがあることに気付いてもいました。2人の「わたし」を対話させ、自分にとって何が良いのかを考えていきました。

 大学生のミホさんは「やらなきゃいけないことは分かっていても、やりたくない自分がいて、日々そのせめぎ合いだよね」と友人たちと笑い合いました。

続きを読む

「ライフ」のランキング