産経ニュース

【東日本大震災7年】「みんな何か支援したかった」 11日に千葉で復興支援イベント「花いっぱいIN習志野台」開催

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【東日本大震災7年】
「みんな何か支援したかった」 11日に千葉で復興支援イベント「花いっぱいIN習志野台」開催

東北地方の被災地と交流、復興支援を続ける、ともにがんばろう東日本実行委員会の森紳浩実行委員長=千葉県船橋市習志野台 東北地方の被災地と交流、復興支援を続ける、ともにがんばろう東日本実行委員会の森紳浩実行委員長=千葉県船橋市習志野台

 「被災地の方々と会い、被災地の物産を買って復興の一助にしていただけるとありがたい」

 震災の起きた翌年の平成24年に始めた千葉県船橋市での東日本復興支援イベント「花いっぱいIN習志野台」。今年で7度目となるが、主催者の船橋市のともにがんばろう東日本実行委員会、森紳浩(のぶひろ)委員長(59)の思いは、今も変わらない。「福島の人が困っている。手助けしたい」。いても立ってもいられなかったあのときの記憶に突き動かされる。

■  ■

 震災直後の23年春。東京都内で開かれた福島の復興支援イベントに、銀行員の森さんは駆けつけた。会場にいた福島の農業関係者と会った。その場で「船橋でも復興支援イベントをやりたい」と申し入れた。「それはありがたい」。即決した。

 仲間に呼びかけ、初めての被災者支援の集いを開催。当日、福島から来訪した担当者に聞いた。「今、一番困っていることは何ですか」「風評被害で人が福島に来ない」

 さっそく復興現地訪問を企画。「震災・風評被害で苦しむ福島に応援に行こう」と呼びかけ、500人を超す応募があった。「みんな、何か支援したかったんです」

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング