産経ニュース

健康な生活送れる「健康寿命」は男性72・14歳、女性74・79歳 厚労省公表 男性トップは山梨、女性は愛知

ライフ ライフ

記事詳細

更新


健康な生活送れる「健康寿命」は男性72・14歳、女性74・79歳 厚労省公表 男性トップは山梨、女性は愛知

 厚生労働省は9日、介護を受けたり寝たきりになったりせず、健康な生活を送る期間を示す「健康寿命」が、平成28年は男性72・14歳(同年の平均寿命は80・98歳)、女性74・79歳(同87・14歳)だったと公表した。都道府県別(熊本県は震災の影響で調査なし)では、男性は山梨県(健康寿命73・21歳)、女性は愛知県(同76・32歳)が1位だった。

 健康寿命は、国民生活基礎調査で「健康上の問題で日常生活に影響がない」と答えた人の割合や年齢別の人口、死亡数などから3年ごとに算出。前回25年時点の健康寿命は、男性71・19歳、女性74・21歳で、0・95~0・58歳延びた。記録のある13年から健康寿命は延び続け、平均寿命との差も小さくなっている。

 厚労省の担当者は「栄養管理や運動習慣が大切との啓発を進めてきており、意識が高まった結果」と分析。厚労省は健康寿命と平均寿命との差を短くすることを目指している。

 都道府県での格差も、男性2・00歳、女性2・70歳で、22年時点(男性2・79歳、女性2・95歳)から縮小。厚労省の担当者は「山梨はがん検診の受診率が高い。愛知は健康づくりを推進するための市民ボランティアを養成している」と説明した。

このニュースの写真

  • 健康な生活送れる「健康寿命」は男性72・14歳、女性74・79歳 厚労省公表 男性トップは山梨、女性は愛知

「ライフ」のランキング