産経ニュース

【話の肖像画】作家・編集者 末井昭(5) ダメ男の青春記が映画に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
作家・編集者 末井昭(5) ダメ男の青春記が映画に

末井昭さん (古厩正樹撮影) 末井昭さん (古厩正樹撮影)

 〈写真家、神蔵美子さんとの再婚後は、幸せに生きるための実用書として「聖書」の教えを実践している〉

 信者ではありませんが、聖書に書かれてあることはスッと腑に落ちる。「男の栄光は1人の女を愛し切ること」という教えに挑戦しようと思っています。美子ちゃんと出会う前は女性に対して嘘をつき、その言い訳を考える生活に疲れていました。今は嘘のない生活の自由さと解放感で幸せです。

 聖書との最初の出合いは実はずいぶん昔です。「写真時代」創刊前年の昭和55年。(親子関係の悩みなどが原因で若い女性が入信、「娘を返せ」と迫る親らとの間でトラブルが起こり、大きな社会問題となった)聖書研究会「イエスの方舟(はこぶね)」の主宰者、千石剛賢さんに関心を持ちました。

 〈やがて騒動は終息。事件性も否定された〉

 その後、千石さんのインタビュー本「父とは誰か、母とは誰か」を読んで、どんどん引き寄せられ、福岡県のイエスの方舟に通い、千石さんの本も出版しました。千石さんは、旧約聖書をもとに「女は男の一部。男は女を受容し愛するという原理を外れると不幸になる」と説くわけです。フェミニストからは反発されるけど、逆に女が一方的に男を愛してひどい目に遭っているケースをたくさん見てきたので、これは真理だと思うんです。ソープ嬢がヒモの男を「あの人私がいないとダメなの」とかいって懸命に貢いで、男はブラブラしてる…とかね。

 不妊治療もしました。美子ちゃんが40歳を過ぎたころに子供を望み出して。体外受精を3回やってもうまくいかず、最先端医療の大学病院に転院したら、不妊カップルが診察に1年待ちで控えている。美子ちゃんもそこでパッと醒(さ)めた。子供のいないことを否定せずに、男と女としての関係性を成熟させていこうと切り替えました。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング