産経ニュース

【話の肖像画】作家・編集者 末井昭(4)借金と女性、そして運命の人に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
作家・編集者 末井昭(4)借金と女性、そして運命の人に

話題の雑誌を続々と創刊した「白夜書房」オフィスにて(本人提供) 話題の雑誌を続々と創刊した「白夜書房」オフィスにて(本人提供)

 〈昭和63年、「パチンコ必勝ガイド」を創刊した。男女雇用機会均等法施行やフェミニズムが台頭するなか、女性が入店しやすい店作りなどを進め、パチンコが急成長していた時流に乗った。日本中がバブル景気に沸いていた〉

 雑誌は売れに売れました。ボーナス2千万円を全部ギャンブルに注ぎ込んだり、投機用のマンションや郊外の栗林なども、すぐに値が上がるだろうと、銀行からお金を借りまくって買ったりしました。後に全てが借金に。狂っていましたね。

 工員時代に最初の結婚をし、その頃には不倫を重ねるようになっていました。ある夜、不倫相手の一人が「今から死ぬ」と自宅に電話をかけてきて、いぶかる妻に「仕事で付き合いのある女性に呼び出された」と嘘をつき、駆けつけたこともあります。自殺未遂まで起こす愛人に別れを切り出したら、そして奥さんにばれたらどんな修羅場になるか。怖さと少しの情で、そんな状況が続いていました。

 〈借金、不倫のなかで、一人の女性との出会いが人生を大きく変えていく〉

 美子ちゃん(現在の妻、写真家の神蔵美子さん)の前と後で、全く別の人生になったと思っています。50歳の手前でガラッと。以降は他の人との恋愛もギャンブルもしなくなった。僕には女の人は嘘をつくものだという先入観があったのですが、美子ちゃんには全く嘘がありませんでした。彼女は新進気鋭の文芸評論家・坪内祐三さんの妻でした。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング