産経ニュース

【囲碁・女流名人戦】藤沢里菜女流名人が初防衛

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【囲碁・女流名人戦】
藤沢里菜女流名人が初防衛

女流名人戦2局目を振り返る藤沢里菜女流名人(左)と矢代久美子六段=7日午後、大阪府東大阪市(奥清博撮影) 女流名人戦2局目を振り返る藤沢里菜女流名人(左)と矢代久美子六段=7日午後、大阪府東大阪市(奥清博撮影)

 産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第30期女流名人戦三番勝負」の第2局が7日午前9時半から大阪府東大阪市の大阪商業大学で行われ、藤沢里菜女流名人(19)が259手までで、挑戦者の矢代久美子六段(41)に黒番3目半勝ちし、初防衛を果たした。午後5時29分終局。持ち時間各3時間で、残りはともに1分だった。5つの女流タイトルのうち、藤沢女流名人は女流立葵杯、扇興杯とあわせ3つを保持し、通算では7期になった。

 藤沢女流名人は平成10年、埼玉県生まれ。藤沢秀行名誉棋聖門下。22年に女流棋士特別採用の最年少(11歳6カ月)でプロ入り。26年には15歳9カ月の女流最年少で、初タイトルの会津中央病院杯を獲得している。

このニュースの写真

  • 藤沢里菜女流名人が初防衛
  • 藤沢里菜女流名人が初防衛
  • 藤沢里菜女流名人が初防衛

「ライフ」のランキング