産経ニュース

【参院予算委】野党反発「国会軽視だ」 自民からも財務省批判 森友ゼロ回答

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【参院予算委】
野党反発「国会軽視だ」 自民からも財務省批判 森友ゼロ回答

 国会内で開かれた参院予算委理事会。奥左端は財務省の富山一成理財局次長=6日午前  国会内で開かれた参院予算委理事会。奥左端は財務省の富山一成理財局次長=6日午前

 学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐり、財務省が取引の決裁文書を書き換えた疑いがあるとした朝日新聞報道が焦点となった6日の参院予算委員会理事会。捜査を理由に「文書を確認できない」とした同省に、野党側が「国会軽視だ」などと非難、与党幹部からも同省の対応に疑問が呈され、「政府がきちっと対応するべきだ」との声が上がった。

 「国会をばかにしている」

 この日、参院予算委での質疑を前に開かれた同理事会。財務省の富山一成理財局次長が、文書の内容だけでなく、存在の有無すら明らかにしなかったことを受け、理事会室に野党側の非難の声が響き渡った。

 審議すべき課題は山積しており、「本当は委員会を開きたい」と野党理事。与野党は開会が見送られた委員会の同日中開催にこぎ着けようと、委員会の筆頭理事による協議を繰り返した。

 その後、午後の理事会で「野党の審議拒否と判断させてもらう」と強い姿勢で臨んだ与党側に対し、野党側は「参議院そのものが軽視されている」などと応じ、同日中の委員会開会は見送られた。

 ただ、同省の対応については与党幹部からも「理解できない」と批判が出ている。竹下亘自民党総務会長は「(朝日報道が)事実なら、ゆゆしき問題であるという重い意識を持って対応しなければならない」と述べ、政府に適切な対応を促した。

「ライフ」のランキング