産経ニュース

能代工バスケ部元監督の加藤広志氏が死去 全国制覇33度…名門築く

ライフ ライフ

記事詳細

更新


能代工バスケ部元監督の加藤広志氏が死去 全国制覇33度…名門築く

 秋田県立能代工高バスケットボール部を率いて33度の全国制覇を果たした元監督の加藤広志氏が4日、肺腺がんのため死去した。80歳。葬儀・告別式は14日午後1時、秋田県能代市元町16の6、キャッスルホテル能代。喪主は妻、テイさん。

 秋田県粕毛村(現・藤里町)生まれ。日体大を卒業した昭和35年に母校の能代工に教諭として赴任し、平成2年まで30年間、バスケットボール部監督を務めた。

 選手の身長が低かったことから、速攻主体で点を取る独自のスタイルを確立し、黄金時代を築いた。全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ)、全国高校総体、国体をそれぞれ11度制覇し、うち各大会を制する「3冠」を5度と高校総体7連覇を達成。日本初のプロバスケットボール選手となった長谷川誠氏らを育てた。

「ライフ」のランキング