産経ニュース

【那須雪崩】教諭遺族が大田原高剣道部に防具を贈る「少しでも一緒に」 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【那須雪崩】
教諭遺族が大田原高剣道部に防具を贈る「少しでも一緒に」 

大田原高校剣道部の部員らに防具を寄贈する雪崩事故で犠牲となった顧問の毛塚優甫さんの父、辰幸さん=2日、神奈川県の大田原高校(斎藤有美撮影) 大田原高校剣道部の部員らに防具を寄贈する雪崩事故で犠牲となった顧問の毛塚優甫さんの父、辰幸さん=2日、神奈川県の大田原高校(斎藤有美撮影)

 栃木県那須町で昨年3月、県立大田原高校山岳部の生徒と教諭の計8人が登山講習中に雪崩に巻き込まれて死亡した事故で、亡くなった同校教諭、毛塚優甫(ゆうすけ)さん=当時(29)=の両親が2日、同校を訪れ、毛塚さんが顧問を務めていた剣道部に防具を贈呈した。

 毛塚さんは学生時代から剣道を続け、平成28年春に同校着任後、剣道部の第2顧問となって、生徒に指導していた。山岳部の第3顧問も兼務しており、昨年3月の登山講習会に参加中に雪崩に巻き込まれて亡くなった。

 この日は、同校剣道場に部員10人が集まり、毛塚さんの両親から公式戦用の胴8つが贈呈された。他にトレーニングマシンなども寄贈するという。

 毛塚さんの父、辰幸さん(65)は、「ずっとやりたかった剣道部の活動の半ばに雪崩事故に遭い、命を落としてしまった。無念を思うと涙が止まらない」と胸中を語った上で、「何か役立つものを寄贈したい。優甫が皆さんと少しでも一緒にいられればいい」と部員らに語りかけた。

 剣道部主将の2年、加藤卓朗さん(17)は「一年間指導してもらって、教わったことは今でもはっきり覚えている。毛塚先生の思いを背負って、インターハイや関東大会に出場したい」と話した。

「ライフ」のランキング