産経ニュース

いじめ不登校で追加調査 小4男児の保護者が要望 神奈川県茅ケ崎市

ライフ ライフ

記事詳細

更新


いじめ不登校で追加調査 小4男児の保護者が要望 神奈川県茅ケ崎市

 神奈川県茅ケ崎市は2日、市立小4年の男子児童が約2年間不登校になっていることについて追加調査すると明らかにした。市教育委員会の第三者委員会は同級生からいじめを受けていたと認定する調査報告書をまとめていたが男児の保護者が「当時の担任教諭の対応が十分に検証されていない」として要望した。

 同市によると、担任だった女性教諭は、保護者がいじめを訴えた当初は「気付かなかった」と話していたが第三者委の調査開始後に「注意するのが面倒で、見て見ぬふりをした」と説明を変えた。

 男児は2年生だった平成27年ごろから複数の同級生にいじめを受け、3年生になった28年4月から登校できなくなり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。

 市教委は既に担任教諭を文書訓告、当時の校長を厳重注意としているが、「懲戒処分もあり得る」と見直す考えも示した。

「ライフ」のランキング