産経ニュース

ドイツ、ディーゼル車の市街地乗り入れ禁止は「合憲」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ドイツ、ディーゼル車の市街地乗り入れ禁止は「合憲」

 27日、ドイツ東部ライプチヒの連邦行政裁判所前で、ディーゼル車に対する抗議行動をする人(ロイター)  27日、ドイツ東部ライプチヒの連邦行政裁判所前で、ディーゼル車に対する抗議行動をする人(ロイター)

 【ベルリン=宮下日出男】ドイツの連邦行政裁判所は27日、大気汚染の対策として、自治体がディーゼルエンジン車の市街地への乗り入れを禁止することは合法とする判断を示した。自治体や自動車メーカーが今後、対応を迫られる可能性もある。

 ドイツでは大気中の窒素酸化物が規制値を上回る都市が多く、これまでに問題化。DPA通信によると、判決は自治体に禁止措置を強制するものではないが、健康被害を防ぐため早期に基準を満たす必要性を強調した。

 裁判は環境団体が南西部シュツットガルトと西部デュッセルドルフに禁止措置の導入を求めて提訴。下級審は環境団体の要求をほぼ認めたが、それぞれ両都市が所在する州政府が上訴していた。今回は最終判決となる。

 ドイツでは自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の不正な排ガス規制逃れ以降、ディーゼル車への逆風が強まっている。独メディアは判決を受け、メーカーが排ガスの浄化機能を改善する必要などが出てくる可能性も指摘している。

 欧州では自動車による大気汚染の対策をめぐり、これまでにフランスと英国が2040年までにディーゼル車とガソリン車の販売を禁じる方針を示している。

「ライフ」のランキング